サイエンスダイエットシニアアドバンスド13歳以上高齢犬用 ラブラドールレトリバー13歳

ドックフードをサイエンスダイエットにしたきっかけは、動物病院に教えてもらったということもあるのですが、以前猫を飼っていた時、サイエンスダイエットを食べさせていて、とても体調が良かったので決めました。

 

今飼っている犬は、サイエンスダイエットのシニアアドバンスド13歳以上を食べています。パピー、アダルト、シニア、シニアプラス、シニアアドバンスドと年齢別になっていますが、ずっと続けてきました。体重が増える時があるので、その時はシニアライトを食べさせています。

 

シニアライトは他のエサに比べカロリーが控えめなので、同じ量のエサをあげてもダイエットができるので助かります。シニアアドバンスドは、下痢をすることもなく体調がとても良いですし、毛並みも綺麗なので安心してあげています。

 

ただ、食べやすさを考えると減点になります。小粒なので大型犬にはとても食べにくいです。今はだいぶ慣れましたが、鼻息や食べる勢いがすごいので粒があちこちに飛んでいました。それに丸飲みにもなっていました。もう少し粒のサイズが大きかったら良いのにと何度も思いました。

 

でも、あきることもなく欲しがっていますし、食欲が落ちているときもすんなり食べてくれるので、とても助かっています。価格ですが、ホームセンターにある価格の安い物と比べるとかなり高めです。ただ、アイムスシリーズと比べると同じくらいの価格です。一時価格が高いから違うのにしようかとも考えていましたが、最近は妥当かなとも思っています。

 

サイエンスダイエットは、食べやすさ以外はほぼ満点です。高齢なのでカリカリはいつまで続くかわかりませんが、もし食べられなくなっても、サイエンスダイエットの缶詰を食べさせていこうと思います。

 

関連記事:大型犬にはどんなドッグフードがいい? | 注意するポイント

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です