我が家も最近のペットブームでDogFoodをかってきて与える様になりました。以前は昔ながらのご飯+味噌しるでその時はその時なりにおいしそうに食べていました。

 

ホームセンターに出かけると棚に並んだペットフードの数々とバラエテイに富んだ包装にただただ圧倒されてどれにしようかまよってしまいます。包装の裏側をみてみますと栄養もよく考えられていて研究の方の行き届いているなと思いました。

 

雑種なのでわりと大き目の袋で量も多めのものをかってきます。固さもそれほどかたくなく柔らかめもものをえらんでいます。

 

家族に聞きますと一日に一回はご飯+味噌汁のメニューで好き嫌いなく与えているそうです。ペットフードは栄養もよく考えられているため、足りない栄養化を補充してくれるそうです。食後に散歩することで人間と同じ様に消化に良いこともしています。毎日同じものをたべているより変化を与える事でマンネリ化の予防にもよさそうで元気よく走りまわっています。

 

おなかに良い栄養化を考えられているためバランスよく食事をとることが出来ているようです。ビタミン、ミネラル、たんぱく質と人間と変わらぬ栄養摂取なので毎日元気ですごしています。

 

年一回の狂犬病の予防接種も行っているため、年間を通して食事が薄くなることもなく毎日同じ量、分量をあ与えています。食事のあとの散歩でも便通もよく便秘になることもないためペットフードは消化によいものを含んでいることがあらためてわかりました。

 

包装用品もよく一回開封しても日持ちするものが多く大変たすかっています。色とりどりで見た目も一見ドッグフードに見えないところも商品としてよくかんがえられていると思いました。今後も続け様と思います。

 

ドックフードをサイエンスダイエットにしたきっかけは、動物病院に教えてもらったということもあるのですが、以前猫を飼っていた時、サイエンスダイエットを食べさせていて、とても体調が良かったので決めました。

 

今飼っている犬は、サイエンスダイエットのシニアアドバンスド13歳以上を食べています。パピー、アダルト、シニア、シニアプラス、シニアアドバンスドと年齢別になっていますが、ずっと続けてきました。体重が増える時があるので、その時はシニアライトを食べさせています。

 

シニアライトは他のエサに比べカロリーが控えめなので、同じ量のエサをあげてもダイエットができるので助かります。シニアアドバンスドは、下痢をすることもなく体調がとても良いですし、毛並みも綺麗なので安心してあげています。

 

ただ、食べやすさを考えると減点になります。小粒なので大型犬にはとても食べにくいです。今はだいぶ慣れましたが、鼻息や食べる勢いがすごいので粒があちこちに飛んでいました。それに丸飲みにもなっていました。もう少し粒のサイズが大きかったら良いのにと何度も思いました。

 

でも、あきることもなく欲しがっていますし、食欲が落ちているときもすんなり食べてくれるので、とても助かっています。価格ですが、ホームセンターにある価格の安い物と比べるとかなり高めです。ただ、アイムスシリーズと比べると同じくらいの価格です。一時価格が高いから違うのにしようかとも考えていましたが、最近は妥当かなとも思っています。

 

サイエンスダイエットは、食べやすさ以外はほぼ満点です。高齢なのでカリカリはいつまで続くかわかりませんが、もし食べられなくなっても、サイエンスダイエットの缶詰を食べさせていこうと思います。

 

関連記事:大型犬にはどんなドッグフードがいい? | 注意するポイント

 

 

私がこのフードを与えていたきっかけは、子犬の頃からこのシリーズのフードを与えていたからです。子犬の頃から食事にあまり興味がなかったのでこんなものなのかなと思っていました。個体差もあるのでこの子はフードにあまり興味がない子なんだと思っていました。

 

なので、6か月を過ぎたころからこのフードに切り替えて与えるようになりました。しかし、あまりにも食いつきが悪く何か他のものを混ぜて与えないと絶対に食べないようになりました。

 

食べないのは絶対にダメだと思い、おやつなどを混ぜて何とか食べさせるようにしていましたが、このフードはあまりおいしくないから食べないのではないかと思い、他のフードに切り替えてみることにしました。切り替えてみると食事をするのが待ち遠しくなるぐらいに喜んでがっついて食べる姿を見て、やはりフードがまずかったんだなと思いました。

 

それ以来はヒルズのメーカーは絶対に選ばないようにしています。ヒルズのフードを与えていて何か体に影響があったかは私には何も感じられず、いい影響があったのかは何も感じませんでした。他のフードを食べていなかったので変化に築かなかっただけかもしれませんが、実際に効果があるのかは不明です。

 

このフードは色々な種類があるのですが、何を基準に選んだらよいのかわからず活力のフードを選びました。フードの効果があるのかもわからず1年近く食べさせてきましたが、値段が高いにもかかわらず嗜好性も全然なく、フードに混ぜるためのおやつなども購入しなければならないので高くつきます。少し値段が安いものでもおいしそうに食べてくれるフードのほうが私は与えたいと思います。

 

フードの原材料などのこだわったフードを与えたいと思いますが、高くても嗜好性が低ければ与えたいとは思いません。フードの良し悪しは素人では判断できないとは思いますが、私の愛犬にとって嗜好性が高く、安心安全なフードを与えたいと思います。

 

関連記事:ドッグフードに使われるお肉を徹底比較

 

以前は、ユニ・チャームの愛犬元気のビーフ味やチキン味を食べさせていました。うちの犬は、あまり好き嫌いがないので、どんな餌も嫌がらす食べてくれます。愛犬元気も、朝と夕方に与えていましたが、残さずにきれいに食べてくれました。

 

値段もそれほど高くなく、家計にもやさしいコストです。ただ、この餌を食べていると、うんちの回数と量が多いような気がするのです。散歩に行ったときに、1回しても、またしばらくしてから、いっぱいしていたり、お掃除が大変でした。そのせいか、もともと太らない体質なのか、スリムな体型で痩せすぎでもなく丁度良い体型をしています。

 

詳しい内容は調べていませんが、野菜や他の雑穀の粉末が多く混ざっているのかなと思います。だから、腸の働きがよくなって、便が一杯出るのかなと想像するのですが、逆に言えば、あまり体の栄養になるものが入っていないのかなとも思えます。友達も以前同じメーカーのドッグフードを与えていて、やはりうんちの回数が多いと言っていました。

 

犬に直接悪い影響が出るものではないと思いますが、処理に困ることが多く、大変だなと感じ、メーカーを変えてみることにしました。今与えているのが、ペディグリーの牛肉味のドライタイプです。見た目はそんなに変わりはなく、食いつきも変えた直後はすこし悪かったですが、直ぐに慣れたみたいで、パクパク食べてくれます。

 

何より、うんちの回数が減りました。だからといって、太っているわけでもなく、体調も良好です。値段も前のフードよりほんの少し高いだけで、家計に響くものではありません。緑黄色野菜も入っていて、体に良さそうです。あまりおやつなどは与えないようにしているので、このフードだけで元気に大きくなっています。替えて良かったなと思います。

 

今までは市販のドライドックフードを店舗で買って与えていましたが、食いつきが良く無かったので、かかりつけの獣医先生に勧められて使い始めましたが2・3日で毛並みに艶が出た感じで元気になりました。今までドライドッグフードには毛嫌いしていた愛犬ですがカナガンは好んで食べていますし先生に勧めていただきカナガンに変えて本当に良かったと思っています。

 

健康に本当に良いドックフードのカナガンにはグルコサミンやコンドロイチンなどが豊富に入っているので栄養価が高い愛犬用のドックフードであると実感することができましたので三度の食事のほかにおやつとしても与えています。

 

カナガンは小粒で粒の形も良く嫌な油臭さもなく、匂いがスッキリしているところがとても良いと思います。人工添加物不使用のグレインフリーという穀物不使用と真剣に愛犬佩ことを考えてくれているドッグフードだと思いました。

 

兆年の研究により編み出された絶妙な配合で愛犬の健康を助けてくれるドッグフードで、人間が食べても問題の無い厳選されたイギリス産の材料を使ってあるので友人の愛犬家にも教えてあげました。高度な製造技術と原材料と商品を2回にわたって品質チェックをする安全性に自信があると言えます。

 

すべてのパッケージには製造番号と12か月にわたる追跡システムが品質を管理しているというダブルの安心・安全を保障してくれています。良質な動物性のタンパク質をたくさん取ることができ犬に負担となる穀物を使用していないグレインフリーで食べやすい小粒タイプが嬉しいイギリス生まれのドッグフードです。

 

私がカナガンを勧める理由は犬の体と食生活を知りつくしているので多くの犬が好み喜んで食べてくれて食材の配合バランスがとれているからです。

 

>>カナガンドッグフードその他の口コミはこちら